商標とは? 商標の概要

 商標は、企業名、ブランド名、商品名やサービス名であり、経営・事業に直結したものです。企業において、知的財産は重要な経営資源であり、自己の商品・サービスを保護するべく知的財産権を取得しています。商標は、特に事業活動において重要な要素です(事業に非常に近い)。

 以下に、事業活動において重要な要素である商標の概要についてご説明します。

商標制度

 商標制度の目的は、商標法第1条に規定されています。

「この法律は、商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的とする。」 整理すると下記のような感じです。

商標の保護

 商標制度の目的を達成するため「商標を保護する」という手段が採用されています。

 そして、「商標を保護する」する具体的な方法として「商標権」が付与されます。「商標権」が付与される際に重要な要素は指定商品・役務と「商標」です。

 

 「商標」は、商標法第2条に規定されており、以下の通りです。

「この法律で「商標」とは、人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの(以下「標章」という。)であつて、次に掲げるものをいう。」

 上記を図に整理すると以下のような感じです。

 

商標とは

「商標」について、もう少し詳しくまとめると下記の通りです。

 「商標(標章)」の種類としては、文字商標、図形・記号商標、立体商標、その他新しい商標(色、音、位置商標等)があります。文字商標と図形・記号商標との組み合わせもあります。

 「商標(標章)」の種類の具体例を下記に例示します。

 ここで、実務的には、文字を含む商標(文字商標+文字商標と図形・記号商標との組み合わせ)の割合が非常に高いので、「文字商標(文字部分)」が最重要となっています。 

商標の機能

 「商標」とは、事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)です(特許庁HPより)。

 つまり、事業において、自社製品を他社製品と区別(差別化、識別)させる機能が重要です。この機能「自他商品等識別機能」は商標の基本的な機能として要求されています。そのため、後述する商標の登録要件として、「識別力」を有することが要求されています。

 また、基本的な機能である「自他商品等識別機能」を奏する商標の使用により、使用した商標に「信用が蓄積」し、さらに「出所表示機能」「品質保証機能」「広告宣伝機能」が発揮されるようになります。

商標の使用

 商標は、使用することで業務上の信用が蓄積されていきます。商標の使用については、商標法第2条3項各号に規定されています。

 商標の使用は、「商品」における使用と、「サービス(役務)」とにおける使用があり、商標法第2条3項においてその類型が整理されています。

 商標における使用の類型を下記に示します。また併せて、代表的な使用の態様を図で説明します。

登録要件

 商標制度においては、審査主義が採用されています。保護を希望する商標については、商標登録出願をする必要があり、出願された商標は登録して良いか特許庁において審査されます。出願された商標は、登録して「独占権を与えて良い商標か否か」審査されます。

 登録の要件は、実体的要件と形式的要件とがあります。

◎実体的要件

 ・3条:商標か(柱書)、使用意思(柱書)、識別力(1項各号)

 ・4条:公益・私益の観点から不登録(1項各号)

◎形式的要件

 ・5条:出願書式

 ・6条:一商標一出願、区分ごと

 

関連ページ

その他

IPNJ国際特許事務所

東京都渋谷区代々木2-23-1

 ニューステイトメナー325号室

 

TEL:(03)5309-2970

FAX:(03)5309-2971

e-mail:ipnj@ipnj-pat.com 

 

お気軽にご相談ください

<<以下のような場合には

  お気軽にご相談ください>>

★経営に対して新しい情報・戦略を提供・提案したい

★IPランドスケープを実践

★新しい課題に積極的に対応

★経営・研究部門に技術動向分析の情報を提供したい

★事業部に競合他社の新商品予測情報を提供したい

★知財戦略を立案したい

ブランド戦略やネーミング戦略を立案したい 

★知財教育がしたい

IoTを重要課題としている

IoTビジネスの注力している

複合分野に対応して製品全体に対応して欲しい

★事業全体に対応して欲しい

★化学系だが装置や容器が重要

最近競合企業が変化してきた

★ビジネスモデルの変化に対応した知財活動を模索中

★ブロックチェーンの金融、非金融分野でのビジネスを展開

★知財情報を利用して競合他社の事業分析がしたい

★大手事務所の定型的な仕事・対応に少し嫌気がさしている

★US出願の費用を低減したい

★外国出願の国内手数料が高い

★アセアン全体にどのバランスで出願すれば良いか相談したい

★異議申立まで手がまわらない

★明細書の内製を外注に切替予定

★出願・中間処理に追われてもっとやるべき知財業務ができない

★有益な知財業務をするための時間を捻出したい

★産学官連携を推進したい

★イノベーションを促進したい

★技術経営を推進したい

★顧問を探している

★社外取締役を探している

★知財部門の活動全般について課題の抽出と改善が必要であると考えている

会社名を検討中

保有商標を整理して費用を削減したい、更新登録すべきか悩む

商標が事業に適しているか出願前に評価して欲しい

アセアンのどの国にどのような出願をすべきか相談したい

★上記のような要望や課題をザックリと相談できる相手が欲しい

<ネーミング支援サービス>

独自メソッド”戦略TMing”

詳しくは、こちら