著作権契約の注意点

 対象とする著作物と支分権の特定が重要

  著作権契約においては、対象とする著作物を明確にすること、著作権(支分権)を特定することが重要です。

 

対象とする著作物を明確にする

 

 まず、対象とする著作物を明確にすることが重要です(第1条)。例えば、「作品タイトルを「○○○○」とする言語の著作物」のように対象が明確になるように規定することが必要です。写真やイラストの場合、縮小コピーして別紙に添付する等の方法もよくとられる方法です。

 

著作権(支分権)を特定する

 

 次いで、著作権(支分権)を特定することが重要です(第1条)。著作権には多くの支分権がありますので、どの権利についての譲渡契約なのかを明確にする必要があります。代表的な支分権を下記に例示します。
 「複製権」は著作物を複製する権利です。全ての分野において大変重要な権利です。基本的な権利ですね。
 「公衆送信権」は、著作物を放送やインターネットで送信する権利です。ネット利用で関係してくるので身近な(注意しないといけない)権利です。最近の係争・裁判ではよく問題になる権利です。
 「頒布権」は、映画の著作物をその複製によって頒布する権利です。映画業界で大変重要な権利で、類似する権利があるにも関わらず、映画に関する権利として特別に規定されています。著作権業界において映画産業が大きな影響力をもっていたということです。
 「譲渡権」は、著作物を原作品か複製物の譲渡により、公衆に伝達する権利です。
 「翻案権」は、著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利です。翻訳本の作製、音楽のアレンジ、小説の映画化等の二次的著作物を作成する権利です。

 実際の契約の場合には、利用シーンを想定し、更に細かく規定することもできます。例えば、「公衆送信権」については、「インターネットでの公衆送信についての権利」のように特定(限定)することもできます。

 

著作権法第27条および第28条についての特掲を忘れずに

 

 翻訳本の作製、音楽のアレンジ、小説の映画化等の二次的著作物を作成する場合、著作権法第27条および第28条について特掲する必要があります。これを忘れると、二次的著作物の作成ができなくなりますので、ご注意ください。実際のビジネスにおいては、大変重要な規定ですのでお忘れなく!

IPNJ国際特許事務所

東京都渋谷区代々木2-23-1

 ニューステイトメナー325号室

 

TEL:(03)5309-2970

FAX:(03)5309-2971

e-mail:ipnj@ipnj-pat.com 

 

お気軽にご相談ください

<<以下のような場合には

  お気軽にご相談ください>>

★経営に対して新しい情報・戦略を提供・提案したい

★IPランドスケープを実践

★経営・研究部門に技術動向分析の情報を提供したい

★事業部に競合他社の新商品予測情報を提供したい

★知財戦略を立案したい

ブランド戦略やネーミング戦略を立案したい 

★知財教育がしたい

IoTを重要課題としている

IoTビジネスの注力している

複合分野に対応して製品全体に対応して欲しい

★事業全体に対応して欲しい

★化学系だが装置や容器が重要

最近競合企業が変化してきた

★ビジネスモデルの変化に対応した知財活動を模索中

★ブロックチェーンの金融、非金融分野でのビジネスを展開

★知財情報を利用して競合他社の事業分析がしたい

★大手事務所の定型的な仕事・対応に少し嫌気がさしている

★US出願の費用を低減したい

★外国出願の国内手数料が高い

★アセアン全体にどのバランスで出願すれば良いか相談したい

★異議申立まで手がまわらない

★明細書の内製を外注に切替予定

★出願・中間処理に追われてもっとやるべき知財業務ができない

★有益な知財業務をするための時間を捻出したい

★産学官連携を推進したい

★イノベーションを促進したい

★技術経営を推進したい

★顧問を探している

★社外取締役を探している

★知財部門の活動全般について課題の抽出と改善が必要であると考えている

会社名を検討中

保有商標を整理して費用を削減したい、更新登録すべきか悩む

商標が事業に適しているか出願前に評価して欲しい

アセアンのどの国にどのような出願をすべきか相談したい

★上記のような要望や課題をザックリと相談できる相手が欲しい

<ネーミング支援サービス>

独自メソッド”戦略TMing”

詳しくは、こちら