著作権侵害への対応

 著作権侵害への対応

著作権侵害した/侵害された、どちらの場合にも慎重な対応が必要です。

類似していれば著作権侵害?

 オリンピック・エンブレムの問題でも、「類似」しているから侵害だ!という声が多く聞こえてきました。似ていると侵害になるのでしょうか?実は、似ているだけでは、著作権侵害になりません。

 著作権は、独自に創作した著作物に対して個々に発生することになっています。つまり、独自に創作した著作物であれば、「同一」「類似」であっても、更には創作された時期の前後に関係なく、個々に著作権が生じます。このことから、単に「類似」しているからといって著作権侵害とはなりません。この点、注意が必要です。

 著作権侵害となるためには、「類似」に加えて「依拠性」が必要になります。つまり、先に創作された著作物に「依拠(真似)」して創作された著作物であることが必要です。

 単純化しますと、先にあった著作物を見て、「真似(依拠)」して創作され、その結果「類似」している場合には、著作権侵害になります。

依拠性

 「類似性」は「客観的」な比較により比較的容易に判断できます。しかし、「依拠性」は「主観的」問題であるため、証明が難しいところです。そのため、「被告による原告の著作物へのアクセス可能性」、「被告の利用著作物と原告の著作物における表現の酷似性」、「原告の著作物の著名性、周知性」から間接的に推認することになります。なかなか大変です。
 
 ちなみに、問題になったオリンピック・エンブレム(取り下げ)は、仮に「類似性」が認められた場合でも、「依拠性」について証明されなければ著作権侵害になりません(そもそも専門家の間では「類似していない」という意見が多数でしたが。)。

著作権侵害への対応

 他人の著作物について、上述の「類似性」だけでなく「依拠性」の要件も満たすと判断し、著作権侵害であると判断した場合、著作権者は、警告状を送付することになります。いきなり「訴訟」という場合は殆どなく、まずは、警告状を送付します。警告状の内容は過激な表現は避け、客観的に正しい事項のみを記載するように注意してください。警告状の内容が逆に相手側からの攻撃の材料になる場合があります。

 警告状の記載内容としては、相手側の著作物(侵害)の特定、自分の著作物との比較(同一類似性の説明)、謝罪や賠償の要求等です。その他、今後の対応(ライセンス契約、訴訟)を想定し必要と考える事項を記載しておくことができます。上述しましたが、過激な表現や主観的な記載は避けるように注意してください。

 著作権侵害への対応は慎重!が重要です。

IPNJ国際特許事務所

東京都渋谷区代々木2-23-1

 ニューステイトメナー325号室

 

TEL:(03)5309-2970

FAX:(03)5309-2971

e-mail:ipnj@ipnj-pat.com 

 

お気軽にご相談ください

<<以下のような場合には

  お気軽にご相談ください>>

★経営に対して新しい情報・戦略を提供・提案したい

★IPランドスケープを実践

★新しい課題に積極的に対応

★経営・研究部門に技術動向分析の情報を提供したい

★事業部に競合他社の新商品予測情報を提供したい

★知財戦略を立案したい

ブランド戦略やネーミング戦略を立案したい 

★知財教育がしたい

IoTを重要課題としている

IoTビジネスの注力している

複合分野に対応して製品全体に対応して欲しい

★事業全体に対応して欲しい

★化学系だが装置や容器が重要

最近競合企業が変化してきた

★ビジネスモデルの変化に対応した知財活動を模索中

★ブロックチェーンの金融、非金融分野でのビジネスを展開

★知財情報を利用して競合他社の事業分析がしたい

★大手事務所の定型的な仕事・対応に少し嫌気がさしている

★US出願の費用を低減したい

★外国出願の国内手数料が高い

★アセアン全体にどのバランスで出願すれば良いか相談したい

★異議申立まで手がまわらない

★明細書の内製を外注に切替予定

★出願・中間処理に追われてもっとやるべき知財業務ができない

★有益な知財業務をするための時間を捻出したい

★産学官連携を推進したい

★イノベーションを促進したい

★技術経営を推進したい

★顧問を探している

★社外取締役を探している

★知財部門の活動全般について課題の抽出と改善が必要であると考えている

会社名を検討中

保有商標を整理して費用を削減したい、更新登録すべきか悩む

商標が事業に適しているか出願前に評価して欲しい

アセアンのどの国にどのような出願をすべきか相談したい

★上記のような要望や課題をザックリと相談できる相手が欲しい

<ネーミング支援サービス>

独自メソッド”戦略TMing”

詳しくは、こちら