特許

 Ø   特許権取得は必須

 特許は、事業の技術面における非常に重要な要素です。特に、市場に本格的に参入する際には、相応の特許権を有すると共に、他社の特許権を侵害しないように製品・サービスを設計する必要があります。特許権は、事業活動において必須のもので、例えば、市場におけるチケットのようなものです。チケットを持っていないと市場に入れませんし(立ち見席は入れるかもしれませんが)、良いチケットを持っていないと良い席には座れません。更にチケットを持たずに他人の席に座ると、侵害になり、退去または座席料を要求されます。近年では、特許権を取得しておくことは、目的ではなく、手段であり、事業活動においては必須となっています。

 

 

 Ø   高度化する特許活動

 特許活動は、研究開発の成果を権利化するだけで良いという段階から更に高度化しています。特許活動(知財活動)は、経営、事業、研究開発における戦略を実現するための活動であることが求められ、更には、経営、事業、研究開発を動かす情報を提供する活動であることが求められてきています。

 例えば、特許活動として、

(1)経営・事業・研究開発の戦略を実現するための知財活動(知財戦略)と、

(2)経営・事業・研究開発側に対して各戦略の立案に役立つ情報を提供する活動

と、があるといえます。

 特許に関する活動としては、(1)経営・事業戦略を実現するための知財活動(知財戦略)が中心です。そして、この活動内容は多岐にわたり、非常に高度になってきています。権利化活動に加え、ライセンス活動、標準化活動、産学連携、技術契約、侵害調査、訴訟活動等、多岐にわたります。そして、権利化活動やライセンス活動等の個別の活動においても、経営・事業・研究開発活動にどのように役立つか、競合企業の各活動をどのように邪魔できるか等が十分に検討されている必要があります。知財部門が戦略部門になってきているため、多くの事項が要求され、更に経営・事業等に役立つ活動であることが求められているのでしょう。

 そして、知財部門が戦略部門として更にそのウェイトを大きくするためには、(2)経営・事業・研究開発側に対して各戦略の立案に役立つ情報を提供する活動が必要になってきます。例えば、知財情報等による競合他社分析(事業分析、新商品予測等)、技術動向分析、特許ポートフォリオ分析やM&A評価等により、経営層、事業部門、研究開発部門に対して、各戦略の立案に役立つ価値ある情報を提供することが、今後一層重要になると思われます。

 

 Ø   複雑化・高度化する技術・事業

 さらに、IoT、AIやビックデータは、従来のIT分野だけでなく、全ての製造業・サービス業にも関係するものです。IoT、AIやビックデータ等の本格導入により、技術や事業は高度化・複雑化していくと考えられます。これまでとは異なる技術分野、更には従前の技術分野とIT分野の複合分野(IoT分野)等に積極的・柔軟に対応していくことが重要になります。

 

 

Ø   弊所の対応

 経営・事業に役立つ特許権取得のお役に立ちます。経営・事業戦略の立案支援サービスや知財戦略立案サービスも提供している弊所が、経営・事業戦略等を理解した上で、これらに役立つ特許権取得に役立つ権利化活動を行い、貴社のお役に立ちます。

 また、弊社は、知財情報等により競合他社の事業戦略や事業活動を分析する手法を調査研究しております。弊所で開発した手法も含め有効な手法により、経営・事業・研究開発側に対して各戦略の立案に役立つ情報を提供する活動をご支援し、貴社のお役に立ちます。

 さらには、弊社は、複数技術+複合技術への対応を得意としております。また、IoT関連特許の好適な保護に関する調査研究等も行っております。弊社は、複雑化・高度化する技術の好適な権利化等において、貴社のお役に立ちます。

  

 弊所は、経営面・事業面に関する事項を深く考慮し、貴社の企業活動を特許面からサポートいたします。

 

技術分野

 Ø   複数分野+複合分野へ対応いたします。 

 

○機械・構造

   各種機械、加工・製造装置、電子機器の構造・部品の配置、自動車、二輪車、航空機、

   半導体製造装置、日用品・衛生品、家具・建材、医療機器等

○プラント

   製造プラント、電力プラント、ボイラー、水処理プラント、その他各種プラント

○制 御

   電子機器、自動車・二輪車、航空機、製造装置・ライン、その他機器の制御

○電子機器等

   携帯電話、スマートフォン、PDA、その他通信端末装置、

   コピー機、プリンター等の画像形成装置、

   デジタルカメラ、プロジェクター等の光学機器、レンズ、

   アミューズメント機器、測定・分析装置、その他電子機器

○ソフトウェア

   ユーザインターフェイス、情報処理、画像処理、その他内部処理

○IT、IoT

   検索方法・システム、広告方法・システム、取引方法・システム、クラウドシステム、

   仮想世界、セキュリティ、SNS、その他ITシステム

   製造業、各種インフラ等におけるIoTシステム

         フィンテック(FinTech, financial technology)

○通 信

   通信システム、通信プロトコル、セキュリティ、光通信モジュール、

   その他音声・データ通信技術

○放 送

   放送と通信の融合(Hybridcast)、放送とSNSとの連携、放送と通信端末との連携、

   その他放送技術

○化 学

   食品、飲料、化粧料、医薬品、トナー、インク、塗料、その他化学製品

○生産技術

   食品、化学製品、日用品・衛生品、電子部品、自動車、塗装品等の生産技術

◎複合・融合分野 

   上記分野の複合分野・融合分野 

料金

○出願等の権利化:従前の標準料金表を参考によりご利用しやすい料金設定となっております。

○知財戦略立案・コンサルティング等:顧問制またはタイムチャージ制となっております。

○その他:特許教育、ご指定テーマの調査研究、各種評価等につきましては内容に応じましてお見積り申し上げます。

 

料金に関しましては、お気軽にお問い合わせください。

その他

IPNJ国際特許事務所

東京都渋谷区代々木2-23-1

 ニューステイトメナー325号室

 

TEL:(03)5309-2970

FAX:(03)5309-2971

e-mail:ipnj@ipnj-pat.com 

 

お気軽にご相談ください

<<以下のような場合には

  お気軽にご相談ください>>

★経営に対して新しい情報・戦略を提供・提案したい

★研究部門に技術動向の情報を提供したい

★事業部に競合他社の新商品予測情報を提供したい

★知財戦略を立案したい

ブランド戦略やネーミング戦略を立案したい 

★知財教育がしたい

IoTを重要課題としている

IoTビジネスの注力している

複合分野に対応して機器全体に対応して欲しい

★化学系だが装置や容器が重要

★ビジネスモデルの変化に対応した知財活動を模索中

★ブロックチェーンの金融、非金融分野でのビジネスを展開

★知財情報を利用して競合他社の事業分析がしたい

★大手事務所の定型的な仕事・対応に少し嫌気がさしている

★US出願の費用を低減したい

★外国出願の国内手数料が高い

★アセアン全体にどのバランスで出願すれば良いか相談したい

★異議申立まで手がまわらない

★明細書の内製を外注に切替予定

★出願・中間処理に追われてもっとやるべき知財業務ができない

★有益な知財業務をするための時間を捻出したい

★産学官連携を推進したい

★イノベーションを促進したい

★技術経営を推進したい

★顧問を探している

★社外取締役を探している

★知財部門の活動全般について課題の抽出と改善が必要であると考えている

会社名を検討中

保有商標を整理して費用を削減したい、更新登録すべきか悩む

商標が事業に適しているか出願前に評価して欲しい

★上記のような要望や課題をザックリと相談できる相手が欲しい

<ネーミング支援サービス>

独自メソッド”戦略TMing”

詳しくは、こちら