会社名は最重要!

 「会社名」は貴社を表す最重要の要素であり財産です。

 「会社名」には大変な想いが込められています。ビジネスを成功させて、多くの人々に「会社名」を知ってもらい、信頼してもらいたいですね。

 ただ、「会社名」については意外な落とし穴がありますので、下記に簡単にご説明いたします。

会社名、HPや名刺に書けないかもしれません。

 想いを込めて考えた会社名、もしかするとHPや名刺に書けないかもしれません会社の設立登記で商号調査をしたから大丈夫、というわけではないのです。ビジネスで必要・重要なのは「商号」ではく「商標」なのです。

商号

 「商号」は会社設立時の登記に必要です。この時に「商号」である「会社名」を決めることになります。

 

 「会社名」は、設立する会社のコンセプト、ビジョンや創業者の熱い想いを込められている非常に大事なものです。

 

 設立登記においては、同じ住所に他社の同じ「商号(会社名)」がなければ問題はなく、無事に登記されます。

 ですので、通常、全く調査をしなくても登記される場合がほとんどです。ちなみに、「商号」が登記されても、実質的に排他権等は生じないといえます。

ビジネスで重要なのは「商標」~商標と商号の違い~

  ビジネスにおいては、「商号」ではなく「商標」が重要なのです。実際には「商標」を無視してビジネスをすることはできないほど、「商標」は重要なのです。

 

 「商標権」は、ビジネスにおいて、会社名、ブランド名、商品名やサービス名を使用する際に重要になってくる権利です。

 

 一般的な名称を除き、ビジネスにおいては、「商標登録」されている会社名、ブランド名、商品名やサービス名を使用することが原則です。

 

 商標権」はビジネスにおいて相当強い権利です。ザックリですが、同じビジネス分野に同一・類似の「商標」は重複して登録できないので、最初の1社のみ、その登録商標を使用できるということになっています。

 商標権者は、同じビジネス分野において、他人が同一・類似の「商標(会社名や商品名)」を使用することを排除できるのです。

 

商標権侵害のキケンも

 つまり、設立登記で商号」を登記していても、同じビジネス分野において「商号(会社名)」と同一・類似の「商標」が登録されていれば、その「会社名」をビジネスで使用することはできない、ということになります。

 

 「会社名」は、商品名・サービス名に併記する場合も多く、また、ブランド名としても使用されます。そのため「商標」の面で問題があると、その影響は非常に大きくなります。

 

 会社名が使えない? ビックリなのですが、現実なのです。

 

 気がつかないで他人の登録商標を使用してしまうと、「商用権侵害!」となる危険があります。商標権者から「会社名」の使用差し止めや、使用料の要求等がなされることになります。本業に大きな影響が出てしまいます。また、これらは知らなかったでは済まされないことなのです。

商標調査と商標出願が重要

 「会社名」については、できれば会社名を検討している段階、遅くとも設立登記をする段階で先行登録商標の調査および商標登録出願をすることが重要なのです。 

 また、事後的でも、会社名、ブランド名、商品名やサービス名について、パンフレットやHPに掲載する前に、先行登録商標の調査および商標登録出願をすることが重要なのです。

 

 他社の商標権を侵害しないか(同一・類似の先登録商標が無いか)を確認すると共に、安心して使用できるよう商標登録出願をすることが、ビジネスにおいて重要であるといえます。

 

 ビジョンや熱い想いを込めて考えた会社名を思いっきりビジネスで使用してアピールするためにも、先行登録商標の調査や商標登録出願は非常に重要なのです。

 

★ポイント:◎商標調査・出願の相談・依頼をする

調査概要(簡易調査・詳細調査)

<<簡易調査>>

「会社名」と同一・類似の先登録商標が既に存在するか否かを簡易調査します。

「会社名」と「指定商品・役務の区分(類)」とにより調査します。

「指定商品・役務の区分(類)」は、貴社のビジネス内容・種類に対応して選定されます。

●簡易調査結果により、「会社名」がビジネスにおいて使用できるのか、商標登録出願した場合の登録性について大枠の感触を得ることができます。

 

<<詳細調査>>

「会社名」と同一・類似の先登録商標「同じビジネス分野」において既に存在するか否かを詳細調査します。

「会社名」が識別性を有するか否かを検討します(登録要件)。

「会社名」と複数の「指定商品・役務」とにより調査します。

●「指定商品・役務」は、貴社のビジネス内容を詳細に確認し、指定商品・役務のリストを参考にして複数選定されます。

調査方法や検討事項等が記載された調査報告書が作成されます。

●詳細調査結果により、「会社名」がビジネスにおいて使用できるのか、商標登録出願した場合の登録性はどの程度なのか等の情報が得られます。

 

<<調査結果を受けて>>

★「問題なし」の場合

 ●「会社名」をビジネスで使用することができます

 ●「会社名」を商標登録出願します。

  ※出願手順は下記図を確認してください。

 

★「問題あり」の場合

 ●「会社名」をビジネスで使用することができません

 ●「会社名」を「変更」します。「会社名」を変更しない場合少なくともビジネスで使用する「ブランド名」を検討します。

 ●「変更した会社名」「ブランド名」を商標登録出願します。

  ※出願手順は下記図を確認してください。

   ※ネーミングサービスをお値引有りでご利用できます。 

 

商標出願手順の概要

 商標登録出願の手順概要は下図をご参照ください。

 出願前に会社名、ブランド名、商品・サービス名の内容・使用可能性・登録性をしっかりと確認することが重要になります。

関連サービス

 商標調査サービス

 ・簡易調査(会社名等について簡易調査)

 ・詳細調査(会社名等について詳細調査、主に商標登録出願前の調査)

 

 商標登録出願サービス

 ・通常の商標登録出願(調査+出願)サービスです。

 ・ご要望により事業面からの商標評価(簡易)も行います。

 ・ミニネーミングサービス等と組み合わせてご利用いただけます。

 

ネーミング開発サービス

 ・事業戦略や競合商品等のヒアリング ⇒ ネーミング提案をするサービスです。

 ・商標情報分析により得られた独自ネーミング手法です。

  詳細は、こちらでご確認ください。

 

ミニネーミングサービス

 ・商標登録出願をご依頼の方に対して、ご依頼の商標の意図を汲んだネーミング案をご提案するサービスです。調査結果を踏まえながら、ご依頼された商標に似たニュアンスの商標であって、登録性の高い商標を「安価」にご提案いたします。

 

簡易セミナー(1時間程度、ご要望により調整可)

 ①ネーミンング:弊所独自のTMing法を中心にネーミング方法についてご説明。

 ②商標関連:商標法・実務の概要についてご説明。

 ③その他:テーマをご指定いただけます。料金はテーマにより変動しますので事前にご調整。

 

<<設立時・設立から1年以内の法人様>>

 

・会社名簡易調査(無料)

・簡易セミナー(割引)

商標のプチ講義orテキスト付き!:商標出願ご依頼の方(初回限定)

 これを機会に商標を理解してブランド戦略を実践!

 

上記特別対応がありますので、お気軽にお問い合わせください。

料金

調査サービス・商標登録出願サービス:従前の標準料金表を基づいてよりご利用しやすい料金設定となっております。⇒商標ページをご参照ください。

簡易セミナー:商標とは?、商標登録の要件、商標権侵害とは?等、基本的な事項を短時間・安価にご提供いたします。

ネーミング開発:手順はこちらを確認ください。料金は内容により変動いたしますのでお問い合わせください。

競合他社分析:内容により変動いたしますのでお問い合わせください。

 

料金に関しましては、お気軽にお問い合わせください。

関連ページ

その他

IPNJ国際特許事務所

東京都渋谷区代々木2-23-1

 ニューステイトメナー325号室

 

TEL:(03)5309-2970

FAX:(03)5309-2971

e-mail:ipnj@ipnj-pat.com 

 

お気軽にご相談ください

<<以下のような場合には

  お気軽にご相談ください>>

★経営に対して新しい情報・戦略を提供・提案したい

★IPランドスケープを実践

★新しい課題に積極的に対応

★経営・研究部門に技術動向分析の情報を提供したい

★事業部に競合他社の新商品予測情報を提供したい

★知財戦略を立案したい

ブランド戦略やネーミング戦略を立案したい 

★知財教育がしたい

IoTを重要課題としている

IoTビジネスの注力している

複合分野に対応して製品全体に対応して欲しい

★事業全体に対応して欲しい

★化学系だが装置や容器が重要

最近競合企業が変化してきた

★ビジネスモデルの変化に対応した知財活動を模索中

★ブロックチェーンの金融、非金融分野でのビジネスを展開

★知財情報を利用して競合他社の事業分析がしたい

★大手事務所の定型的な仕事・対応に少し嫌気がさしている

★US出願の費用を低減したい

★外国出願の国内手数料が高い

★アセアン全体にどのバランスで出願すれば良いか相談したい

★異議申立まで手がまわらない

★明細書の内製を外注に切替予定

★出願・中間処理に追われてもっとやるべき知財業務ができない

★有益な知財業務をするための時間を捻出したい

★産学官連携を推進したい

★イノベーションを促進したい

★技術経営を推進したい

★顧問を探している

★社外取締役を探している

★知財部門の活動全般について課題の抽出と改善が必要であると考えている

会社名を検討中

保有商標を整理して費用を削減したい、更新登録すべきか悩む

商標が事業に適しているか出願前に評価して欲しい

アセアンのどの国にどのような出願をすべきか相談したい

★上記のような要望や課題をザックリと相談できる相手が欲しい

<ネーミング支援サービス>

独自メソッド”戦略TMing”

詳しくは、こちら