顧問サービス~顧問の戦略的・攻めの活用~

 顧問サービスは、継続的に貴社をご支援することができるので、貴社に適したご支援を効率よくご提供できるサービスです。

 顧問サービスは、継続的なご支援・関係により、貴社の事業、技術、組織、人や課題等を認識できている状態となり、効率的・効果的なご支援を、前提・状況説明不要で実施することができる点がメリットの一つです。貴社にとっても、前提・現状を何度も説明する必要がなく、時間や説明負担が軽減されるというメリットがあります。スポット的なコンサルや代理人への依頼等においては、検討・支援内容等が貴社の意図しない方向に進む場合もあり、この調整・管理負担も大きいですが、顧問サービスでは、継続的なご支援・関係により、このような負担も軽減されます。

 また、経営層・部門責任者・マネージャ層は、内部だけでなく、外部からの情報も定常的に収集する必要があり、また、ざっくばらんな相談をする相手も必要ですので、顧問サービスは、このような面でも利用価値があると考えます。

 弊所では、なんとなくの顧問ではなく、顧問サービスを戦略的・攻めの姿勢で活用していたくことをご提案いたします。

顧問サービスの領域・分野・対象層

 顧問サービスの領域としましては、「経営・事業戦略」「新規事業創出」「イノベーション・R&D戦略」「知財戦略」「知的資産経営」等に対応しております。顧問サービスは、所長弁理士・MOT(技術経営) 乾利之(代表者紹介ページが中心に対応いたしますので、知財関連はもちろん、経営戦略、事業戦略、新規事業創出、イノベーション・R&D戦略等に対応しております。

 顧問サービスの対象層(部門)は、知財部門」を中心に、「事業部門」「R&D部門」「新事業開発部門」「企画部門」「経営者」「経営層」等です。

 「知財・R&D部門」の皆様には技術・知財を中心に、事業・経営の視点での戦略・立案支援・実務対応支援等をご提供でき、これに対応できる特許事務所等は非常に少なく、有益であると考えております。

 また、「事業・企画部門、経営層」の皆様には技術・知財の視点を含む事業・経営戦略の立案支援・実務対応支援等をご提供でき、これに対応できるコンサルファーム等は非常に少なく、有益であると考えております。

 対象事業分野は、主に技術・情報を利用する事業や、ブランド戦略が重要な事業等です。下記に限定されませんが、例えば、製造業(電子機器、機械、自動車、化学、日用品、食品、医療、その他)、情報系(通信、放送、IT・IoT系、AI系、ゲーム、ブロックチェーン、その他)、サービス業(流通、医療、コンテンツ系、その他)等です。

   

<領域>

 ・経営、事業戦略(分析+定石+アイディア)

 ・新規事業創出(戦略+アイディア)

 ・イノベーション・R&D戦略 

 ・知財戦略、知的資産経営 等

 

<対象層>

 ・知財部門

 ・事業部門

 ・R&D部門

 ・新事業開発部門

 ・企画部門

 ・経営者、経営層 等

 

<事業分野>

 ・製造業(電子機器、機械、自動車、化学、日用品、食品、医薬、その他)

 ・情報系(通信、放送、IT・IoT系、AI系、ゲーム、ブロックチェーン系、その他)

 ・サービス業(流通、医療、金融、コンテンツ系、その他) 等

顧問サービスの内容

 顧問サービスの内容は、柔軟に設定可能です。また課題の変化や社内要望等の変化により随時変更可能です。

 顧問サービスの内容として、課題解決の支援」、「業務改革」、「社内教育・研修」、「実務関連の相談対応」等が代表的です。

 また、顧問サービスとコンサルサービスとの差異は、「継続的なご支援・関係」という点に加えて、「急な課題等への対応」「小規模・複数の課題等への対応」「内容の柔軟設定+柔軟変化」「相談アクセス性」等の点であるかと思います。顧問サービスは、内部により近い立場で、貴社メンバーの視点で活動・ご支援するサービスです。

  

<顧問サービス内容の例>

 ・継続的な(複数の)課題解決の支援

 ・継続的な業務改革の支援

 ・社内教育・研修

 ・実務関連の相談対応

  

 ここで、顧問サービスの内容は、コンサルティングの内容と類似しておりますので、参考としまして下記に弊所コンサルサービスの概要を抜粋いたします。 

((コンサルティングサービスの抜粋)) ⇒詳細はコンサルサービスページ

<<戦略系>>「知財戦略」「事業戦略」「イノベーション・R&D戦略」等

 「経営・事業戦略コンサル」および「弁理士・知財専門家」の視点で「知財情報」を調査・分析し、知財戦略」「事業戦略」「イノベーション・R&D戦略」等の立案支援・ご提案いたします。知財戦略」「事業戦略」「イノベーション・R&D戦略」単独または複合的等な戦略立案支援等、柔軟に対応いたします。 

<<業務改革系>>「知財活動」「発明創出」「知財組織」「知財教育」等

  貴社の知財機能(知財部門、事業部門および技術開発部門)の向上をご支援するため「知財活動」「発明創出」「知財組織」「知財教育」等についての「業務改革コンサルサービス」をご提供しております。 

急激な外部環境変化への対応「第4次産業革命」「アフターコロナ」

 また、急激な外部環境の変化への対応として、「第4次産業革命への対応」に加えて、「アフターコロナへ対応」が急務であると思われます。特に「アフターコロナへの対応」は長期間の対応が必要で、対応すべき事項も連続的にシフトする可能性があります。継続的な顧問サービスが有効であると考えております。

 ⇒「アフターコロナへの対応」ページへ

 ⇒「第4次産業革命への対応」ページへ

 ⇒「IoTへの対応」ページへ

 ⇒「AIへの対応」ページへ

顧問サービスの提供形態

  顧問サービスの提供形態は柔軟に設定可能です。例えば、以下のような形態でご提供いたしております。

 

〇定期的な打ち合わせ等への参加

 ・経営会議、事業戦略会議、技術開発会議、知財戦略会議等への参加

 ・少人数での相談会の開催

 ・発明創出、発掘、検討会への参加

 ・他部門との合同会議への参加

 ・経営層への説明会等への参加

〇教育・研修等

 ・定期的な研修の開催

 ・教育資料等の作成

〇コンサル的なご相談対応

 ・調査分析

 ・各種戦略案のご提案

 ・業務改革、組織改革のご支援

〇各種ご相談対応、各種情報提供

 ・メール、電話での随時対応

 

 上記顧問サービスは、直接参加等のほか、オンライン会議、電話、メール等を利用してご提供申し上げます。

ご費用

 顧問サービスのご費用は、定額(月、年)となっております。顧問サービスの内容・時間・頻度等により、定額ご費用が設定されます。

 実際には、最初は定額ご費用を設定して、サービス内容を適宜調整する場合が多いです。一般的に設定される定額ご費用の目安は下記のようになっております。

 

<設定ご費用額の例> 

 〇知財関連中心:20万円/月~

 〇知財関連+事業・経営関連:30万円/月~

 〇事業・経営関連中心:30万円/月~

 ※1年間分を一括でお支払いの場合、10%お値引きいたします。

 ※定額内でご提供いたします顧問サービスは、各サービスのタイムチャージ×合計時間を参考に選択・設定する流れになります。タイムチャージ額は概ね、知財実務系<知財戦略系<事業・経営戦略系、に設定されています。

 

 顧問サービスにより、貴社を継続的にご支援いたします。

 ご興味を持っていたけましたら大変幸甚です。

 貴社からのお問合せ・ご連絡をお待ち申し上げます。

 

★その他、業種によりますが、社外取締役もお受けいたしております。お気軽にお問合せください。

その他:関連ページ

IPNJ国際特許事務所

東京都渋谷区代々木2-23-1

 ニューステイトメナー325号室

 

TEL:(03)5309-2970

FAX:(03)5309-2971

e-mail:ipnj@ipnj-pat.com 

 

お気軽にご相談ください

<<以下のような場合には

  お気軽にご相談ください>>

★経営に対して新しい情報・戦略を提供・提案したい

知財活動・組織を進化させたい

ブループリントIP戦略を実践

★IPランドスケープを実践

★新しい課題に積極的に対応

経営・研究部門に技術動向分析の情報を提供したい

★事業部に競合他社の新商品予測情報を提供したい

★知財戦略を立案したい

ブランド戦略やネーミング戦略を立案したい 

★知財教育がしたい

IoTを重要課題としている

IoTビジネスの注力している

複合分野に対応して製品全体に対応して欲しい

★事業全体に対応して欲しい

★化学系だが装置や容器が重要

最近競合企業が変化してきた

★ビジネスモデルの変化に対応した知財活動を模索中

★ブロックチェーンの金融、非金融分野でのビジネスを展開

★知財情報を利用して競合他社の事業分析がしたい

★大手事務所の定型的な仕事・対応に少し嫌気がさしている

★US出願の費用を低減したい

アセアン全体にどのバランスで出願すれば良いか相談したい

★異議申立まで手がまわらない

★明細書の内製を外注に切替予定

★出願・中間処理に追われてもっとやるべき知財業務ができない

★有益な知財業務をするための時間を捻出したい

★産学官連携を推進したい

★イノベーションを促進したい

★技術経営を推進したい

顧問を探している

社外取締役を探している

★知財部門の活動全般について課題の抽出と改善が必要であると考えている

会社名を検討中

保有商標を整理して費用を削減したい、更新登録すべきか悩む

商標が事業に適しているか出願前に評価して欲しい

アセアンのどの国にどのような出願をすべきか相談したい

上記のような要望や課題をザックリと相談できる相手が欲しい

<ネーミング支援サービス>

独自メソッド”戦略TMing”

詳しくは、こちら